ういずクリニック  
 
  home
  ご挨拶
  院内の様子
  今月・来月の診療案内
  内分泌代謝内科
  胃カメラ検査
  MRI(磁気共鳴画像装置)
  交通案内
  スタッフblog
よくあるご質問
  住所
 
 
 
 
ういずクリニック モバイルサイト
URL:http://k-sal.jp/wizclinic/
携帯電話で上のQRコードを読み取るか、携帯用URLを携帯電話に送信して下さい
   
ワンストップ介護サービスの提供 株式会社ウイズネット
  ダンロップスポーツクラブ
 
  [an error occurred while processing this directive]
 
 

日本医科大学名誉教授 坂本長逸先生 
日本医科大学 消化器内科の先生による診察が始まります。

・ピロリ菌検査について  
胸焼け・胃もたれ・便秘外来
 
 

消化器内科って??

 

どんな症状のときに受診したらいいの?

消化器は主にお腹の病気、すなわち消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)、肝臓、胆道、すい臓の病気の診断・治療を行っております。

    このような臓器に異常が起きると様々な症状がでます。
  • お腹が張る
  • 胸焼け
  • 下痢
  • はきけ
  • 食欲低下
  • 体重減少
  • 腹痛

また、黄疸(身体が黄色く)、吐血(血を吐く)、下血(黒い便が出る・便に血が混じる)などの重症もあります。このような症状が気なる方は、当科までご相談ください。

    消化器内科の主な疾患
  • 消化管の癌(食道がん、胃がん、大腸がん)
  • 逆流性食道炎
  • ウイルス性肝炎
  • アルコール性肝炎
  • 肝がん
  • 胆石症
  • 胆のうがん
  • 膵がん
   
 

検査方法

 

胃内視鏡検査
大人の小指ほどのスコープを口(鼻)から挿入し、食道・胃・十二指腸を観察します。
先端に内蔵されているCCD(ビデオカメラ)で、画像モニタで観察し、同時に写真を撮ります。一般的に普及している検査ですので安心して受診いただけます。

胃バリウム検査
胃の形や影などを見るために行います。X線はそのままだと胃を透過してしまうので、X線を通さないバリウムを胃壁全体に薄く付着させているため、台が後ろに倒れたり、左右に回転させ、様々な角度から撮影されます。

 

 
 

ピロリ菌検査方法

 

ピロリ菌に感染しているか検査する方法は、内視鏡検査を使う方法と使わない方法があります。

内視鏡を使う方法
内視鏡を使う方法では、胃の中の様子を観察すると同時に、内視鏡で採取した胃の組織を用いて、「迅速ウレアーゼ試験」・「鏡検法」・「培養法」の検査のいずれかで、ピロリ菌がいるかどうかを調べます。

内視鏡を使わない方法
内視鏡を使わない方法として「抗体測定」・「尿素呼気試験」・「便中抗原測定」があります。

当院では、内視鏡を使った検査および「尿素呼気試験」という呼気を用いる検査方法も実施しています。
※どんな検査でも100%正しいとは限りませんので、1種類の検査を1回だけ行う場合には間違える可能性があります。検査の選び方や結果の解釈については、医師にお尋ねください。

このように、胃もたれや胃痛を感じられている方や、また症状がなくてもピロリ菌に感染している場合があります。まずは、ピロリ菌に感染しているかどうか検査し、慢性胃炎や胃がんのもとを断って病気を未然に防ぎ、快適な生活を送りましょう。

ピロリ菌とは

正式には「ヘリコバクター・ピロリ」という細菌で胃の中に生息しています。
胃の中は強い酸性となっているので、通常の菌は死んでしまいますが、ピロリ菌はウレアーゼという酵素でアンモニアを作り、自分の周囲だけ胃酸を中和して生きることができてしまいます。

ピロリ菌の感染経路と感染者数

人から人で経口感染しますが、感染経路は環境因子や家庭内感染など、様々な要因が考えられています。胃の中にいる人には口の中にもピロリ菌がいて、唾液を介して感染することもあります。衛生環境も良くなっている為、子供の感染率は非常に低くなっていますが、感染している人は少なくとも3,000万人以上と言われています。

ピロリ菌と病気との関係

ピロリ菌に感染すると胃炎になります。 ピロリ菌による胃炎は以下の色々な病気の原因であったり、病気と関連することがわかっています。
  • 萎縮性胃炎
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 胃過形成性ポリープ
  • 胃がん
  • 胃MALT(マルト)リンパ腫 (胃の粘膜にあるリンパ組織から発生するゆっくりと発育する悪性度の低い腫瘍)
  • 機能性ディスペプシア(上腹部不定愁訴)
  • その他の疾患
    ・ 特発性血小板減少性紫斑病 (明らかな基礎疾患の関与なく血小板が減少し、種々の出血症状を起こす病気)
    ・鉄欠乏性貧血
    ・慢性じんましん
特に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者さんのほとんどがピロリ菌に感染していて、ピロリ菌が原因になっていることがわかっています。また、潰瘍が治っても1年後には多くの患者さんが再発してしまいます。

ピロリ菌を除菌すると

  • 潰瘍治癒後、除菌治療をすると再発はほとんどなくなります。
  • 早期胃がんの患者さんに除菌することにより、別の部位にできる新しい胃がんの発生率が3分の1に減少した結果がでております。
  • 胃MALT(マルト)リンパ腫についても、ほとんどがピロリ菌感染による慢性胃炎から発生しますが、除菌治療で60〜80%で治癒します。
  • 特発性血小板減少性紫斑病の患者さんの約半数以上は除菌により、血小板が増加することがわかっています。

ピロリ菌検査・治療の保険適用

内視鏡検査で「慢性胃炎」と診断された方も、保険を使ってピロリ菌の検査・治療を受けることができるようになりました。ピロリ菌に感染することにより生じる胃炎は通常、自覚症状はありませんが、感染していると胃がんになり易いことがわかっていますので、除菌により胃炎の進行を予防することにより胃がんの発症を抑制することができる可能性があります。
   
 
 

胸焼け・胃もたれ・便秘 外来

 

胃の調子が悪いな…と感じられている方や、
最近便秘気味…
下痢と便秘を繰り返している…
といった症状の方は何らかの原因が考えられます。


これら疾患の原因は様々でピロリ菌や、外的ストレス(例えば寝不足や風邪人間
関係)が絡むと、余計に症状を悪化させることも
あります。

診察に際しては患者様の声に常に耳を傾け治療を進めてまいります。
胸焼けや胃もたれ、便秘気味で お困りの方は一度ご受診下さい。

 


 
copyright