ういずクリニック大宮  
 
  home
  ご挨拶
  院内の様子
  今月・来月の診療案内
  内分泌代謝内科
  胃カメラ検査
  MRI(磁気共鳴画像装置)
  交通案内
  スタッフblog
よくあるご質問
  住所
 
 
 
 
 
 

ういずクリニック大宮 モバイルサイト
URL:http://k-sal.jp/wizclinic/
携帯電話で上のQRコードを読み取るか、携帯用URLを携帯電話に送信して下さい

 
ワンストップ介護サービスの提供 株式会社ウイズネット
   
  ダンロップスポーツクラブ
 
  [an error occurred while processing this directive]
   

当院には現在、常勤作業療法士が1名、非常勤理学療法士が2名在籍しております。
 リハビリテーション科では、医師の指示の下で徒手療法や運動療法、物理療法を行うことで、患者様の様々な症状(関節の痛み、交通事故や手術後の身体の回復、姿勢が悪くなり歩くのが辛くなった、スポーツで筋肉や関節を傷めた等)の改善を図ります。

 
1. 一人ひとりに合った治療内容
当院の徒手療法では、お決まりの内容を短時間行うだけで治療を終了することはありません。種類豊富な最新治療テクニックから患者様の症状や個性に合ったものを選択し、広々としたリハビリ室でしっかりと時間をかけて、身体の状態を見極めつつ治療にあたります。
また、治療後には必要に応じて症状と時期に合ったセルフケアや自主トレーニングをお伝えし、より効果的で効率的な症状の改善を図ります。希望される方には当院オリジナルのわかり易いセルフケア資料も配布しております。
2.スタッフの高い技術力と向上心
当院のスタッフは、現状に満足せずたえず研鑽に励んでおります。毎年個別に目標を立て、達成に向け毎日を無駄にせず努力をしております。
治療の際は、単に症状の出ている部位のみでなく、周囲の関節や骨盤、背骨の動きや歪み、姿勢や動きの癖、患者様の生活背景等を総合的に評価し、より本質的で再発の予防も視野に入れた治療を提供いたします。
3.細やかな心遣い
患者様との信頼関係を築くことは、治療効果を高めるうえでも非常に大切であると考えております。リハビリテーション科では作業療法士、理学療法士、助手ともに患者様のお話や訴えに丁寧に耳を傾け、医療理念でもある「地域に密着した、安心して受診・相談できる皆様のかかりつけ医」として常々ホスピタリティの向上に努めております。

 

作業療法士や理学療法士によるマンツーマンでの治療です。丁寧に全身の筋肉や骨格を調整することで症状の改善を図ります。当院のリハビリテーション科では一つの治療テクニックで統一することには拘らず、スタッフの自由意志を尊重し、自らの意思で修得していく技術を選択しています。
これにより、異なる視点で治療を進めることで高い相乗効果が得られることが多々あります。もし身体に合った治療法があれば、患者様専属の療法士を選んでいただくことも可能です。

 

器具や徒手抵抗等により実際に身体を動かすことで、正しい動作パターンや姿勢の獲得を図ります。徒手療法と併用することで動きの基盤が整い、より効果的な運動が行えます。

 

温熱療法、光線療法、電気療法により、体内の「良くなろう」とする力を助けていく療法です。
温熱療法は熱や電磁波のエネルギーが体内に加わることで筋肉痛や肩、腰の痛みを和らげます。
光線療法はレーザー光線により、筋肉、関節などの痛みを和らげる効果が期待できます。
電気療法は電気の刺激による療法で、五十肩、椎間板ヘルニアなどの痛みを和らげる効果が期待できます。

 

 
copyright