ペインクリニック整形外科



ペインクリニックとは

・痛み・しびれなどの症状の原因を診断し、患者さんに応じた治療を行う診療科です。治療法としては、痛みどめの内服薬(飲み薬)や貼付剤(貼り薬)、運動療法や理学療法などをよく使いますが、場合によっては注射によって痛みを抑えることもあります。注射の中には、神経ブロック療法といって痛みを感じる神経または交感神経に局所麻酔薬などを注射して一時的に神経の興奮を止める方法があります。そのため、他の診療科から神経ブロック療法だけを依頼されることもあります。

・そのほか、病院によっては神経熱凝固療法、脊髄電気刺激療法、硬膜外内視鏡治療、認知行動療法などさまざまな特殊な治療法を得意としている施設があります。

・病気の原因を治すために手術が必要な場合などは担当の診療科を紹介することが一般的です。

当院のペインクリニック整形外科の特徴

・当院では、運動器(上肢・下肢・脊椎)の病気・怪我にともなう痛み・しびれなどの診断・治療を得意としています。整形外科の一分野と考えて下さって構いません。注射による治療としては神経ブロック療法ばかりではなく、関節の中に薬を入れる注射、炎症の原因となっている場所に炎症を抑える薬を入れる注射、骨粗鬆症の治療のための注射なども必要に応じて行なっています。

・運動器以外の病気による痛み(帯状疱疹、三叉神経痛、脳卒中後、など)の診療も行っております。その場合、もとの病気を担当する診療科の先生と連携を取りながら治療に当たらせて頂くことがございます。

・もちろん、整形外科の病気・けが全般に対応しております。

・手術、神経熱凝固療法、脊髄電気刺激療法、硬膜外内視鏡治療、認知行動療法など高度な治療法が必要な場合には、適切な病院を紹介させて頂きます。

・頭のてっぺんから足の先まで体のどこの部位でも、痛み・しびれなど不快な症状でお困りの方はぜひ一度当院のペインクリニック整形外科にご相談下さい。